海外自動車工場立上のためのエンジニアリング、製造設備手配、海外工事請負や海外メンテナンスサービス体制の提供
――自動車プロジェクト

既存の自動車のみならず、EV/HV/PHV/FCVなど環境対応自動車のあらゆる海外プロジェクトにおいて、生産ラインのエンジニアリングから製造設備手配、現地据付工事、生産ライン稼働支援までを双日海外店と一体となって対応しています。また、これらに付帯した最適な物流アレンジやEPA/FTA等の特恵関税の活用支援により、トータルなプロジェクトコストの低減を実現いたします。
工場稼働後には補修部品の供給、現地エンジニアリング会社と協業した設備メンテナンス及び新機種導入に伴う設備改造を行うことで、海外自動車工場の長期的な生産支援体制を整えています。

国内外の各種部材、製造装置をラインアップ
――半導体関連(部材、製造設備)

先進各国で進められるカーボンフリー政策、5G市場の伸長、自動車の電動化を背景に、拡大を続けるパワー半導体、フォトニクス通信デバイスなどの高付加価値半導体製品市場。双日マシナリーでは、これらの製品を製造する国内および海外メーカー向けに、前工程から後工程に至る各種製造装置、パワー半導体用の次世代材料として注目を集める酸化ガリウム(Ga2O3)ウェハーなどの半導体材料の販売を行っています。  特に海外製として注力している1社が、ハンミ・セミコンダクター社。双日マシナリーは、韓国を代表する半導体製造装置メーカーとして世界で高いシェアを誇るハンミ社の代理店として、同社の製品を国内企業向けに販売しています。

ハンミ・セミコンダクター社の半導体製造装置

車載用電池に長年の取り組み
――二次電池

内燃機関車から電動化へと大きく舵を取る自動車市場のトレンドとともに成長を続ける車載用二次電池市場。双日マシナリーでは、HV(ハイブリッド車)、PHV(プラグインハイ ブリッド車)、EV(電気自動車)、FCV(燃料電池自動車)用の二次電池製造装置を国内外に向けて販売しています。二次電池分野への取り組みは1980年代半ばの萌芽期から。以降、長年にわたって多くの実績を積み重ね、現在では後工程(組立工程)の設備を中心に 自動車メーカー/電池メーカーへの納入を行っています。また、二次電池のみならず、EV/HV/PHVのプラットフォームの提案も行っています。

従来の舶用機器の取り組みから環境関連、省力・自動化へ
――舶用事業開発

船舶事業分野においては、国内船主、造船所への欧州を中心とした高付加価値船向け特殊機器の取扱い並びにそのアフターメンテナンスに加え、世界的な環境取組が推進される中、次世代燃料、洋上風力などの分野への取組展開を進めており、従来からの舶用機器のみならず、環境関連、省力・自動化などの顧客のニーズにお応えすべく、国内外の最先端技術の紹介などさまざまなソリューションを提案しております。