鈴木 佐亮(スズキ サスケ)

入社して5年目。工場でつかう設備や機器を販売する仕事をしています。
設備についての専門知識や法律を覚えないといけませんし、輸出業務や通関関係など幅広いことをするので覚えることが多く日々勉強です。
金額規模が大きい案件が多いので、普通に生活していたら目に入ることのない数字を扱います。設備投資計画段階からアフターフォローまで携われるのは達成感があります。

鈴木 佐亮(スズキ サスケ)

普段は国内取引を主に担当しておりますが、入社して2年目くらいから、オランダのメーカーと輸入取引の仕事も任せて頂くことになりました。
最近ではオーストリアや中国に行くこともあります。海外の新しいメーカーと商流をつくれないかという話があり、ゼロベースから挑戦したいと思っています。海外の案件にもどんどんチャレンジしたいです。

鈴木 佐亮(スズキ サスケ)

双日マシナリーは、本当にやさしくて、面倒見がよい会社です。仕事は大変ですが、働く環境としては非常に恵まれていると思います。いろいろなことにチャレンジもでき、まずは「やってみろ」と言ってもらえます。それでいて、大事な場面ではきちんとサポートもしてくれるので、安心して働けます。自分の希望を自由に発言でき、風通しがよいのも特徴です。
もちろん、仕事なので苦労はありますが、それを辛いとはあまり感じません。ここでの仕事は、やっぱり楽しいです。

一日の仕事の流れ

9:15
出社
メールをチェックします
9:20
朝礼
当日の予定を課内で報告。連絡事項の確認などをします
9:30
外出へ向けて最終準備(アポの確認、資料の準備など)
11:00
担当の訪問先へ移動
12:00
昼食
13:00
顧客訪問
お客様のところに伺い、打ち合わせを実施
15:00
工場内を移動し、打合せ及び現場確認同行
16:00
資材交渉
入札中の案件について、担当者と価格交渉
17:00
別案件の打合せ
18:30
終業/移動
(終業時刻によって、帰社または直帰します。)

学生に向けて一言

双日マシナリーはライフワークバランスがとりやすく仕事とプライベートを確りと区別して業務に取り組むことができる会社です。忙しい中でも、きちんとスキルを磨くための時間をつくることもできます。
過ごしやすい職場です。私たちもしっかりとサポートしますから、ぜひ、一緒に働きましょう。