菊田 弓香(キクタ ユミカ)

食品機械をオランダやベルギーなどのヨーロッパから輸入して、日本の業者に販売する仕事をしています。お客様に合わせて機械をカスタマイズしていただき、メーカーさんとレイアウトを決めて提案しています。私は学生時代、ボランティアで東南アジアによく足を運び、日本では考えられないような何もなく不便な場所を見てきました。そういったところに設備投資をしていくことで、より多くの人の生活の基盤を作ることに繋がります。双日マシナリーは海外にも拠点が多く、人数が少ない分ひとりの裁量が大きいので、いろいろなチャンスをいただけると思い入社しました。

菊田 弓香(キクタ ユミカ)

入社して、海外のメーカーさんが来社されたとき、空港に迎えに行くところからずっと行動を共にし、通訳などをさせていただきました。お客様とメーカーさんの距離を縮めるのが商社の役割ですし、その橋渡しができることがやりがいに繋がっています。

菊田 弓香(キクタ ユミカ)

会社では、上司に様々なことを相談できますし、国内外問わずネットワークがあり、可能性のある会社だと思っています。
それに加え、自分の仕事以外の多様な仕事を経験できるのが魅力です。まだ英語でのコミュニケーションがスムーズではないので、今、英会話に通って頑張っています。まずは言葉からすべてが始まるのではないでしょうか。インフラ関係の仕事もチャンスがあればやってみたいですね。

一日の仕事の流れ

8:45
出社
メールをチェックします
9:15
朝会
今日一日の業務を上司に報告し、優先順位を決めます
10:00
デスクワーク
お客様に電話・メールで連絡を取ったり、機械の説明の翻訳をします
12:15
昼食
外出先や、会社近くで食べることが多いです
13:00
顧客訪問
お客様のところに伺います
15:00
帰社
海外への見積もり依頼、作成を行います
19:30
退社
明日やることを確認し、帰宅

学生に向けて一言

仕事でもなんでもそうですが、いきなり全部できるようになることは難しい。学生時代にコツコツ取り組んできたこと、海外経験などが今の仕事に活きています。仕事に何か好きなことが入っていた方がいいですね。海外志向の人が多いので、その価値観が共有できるところも居心地がいいんです。
海外が好きで、いろいろなことにチャレンジしたい方はぜひ入社してほしいです。