双日マシナリー

管理本部
法務・リスク管理部

江 荃
Chiang Chuan

2015年度入社

入社理由と仕事内容

留学を機に、
日本と世界をまたぐ仕事に挑戦

台湾の出身で、学生時代に1年間、日本に交換留学で来日。学んだ日本語を生かして、海外と取引ができる商社を中心に就職活動をしました。当社を選んだのは、機械系の専門商社である点、日本の「モノづくり」を海外に輸出できる点、双日グループ内での中核会社である点などが理由です。
私が所属する法務・リスク管理部は、取引先の審査を行っています。既存の取引先の経営状況の確認や信用調査、新規案件のリスクポイントの洗い出しや事実確認、契約交渉の支援などをしています。日本語を学んできたとはいえ、微妙な言い回しや文化の違いなどに戸惑うこともありますが、それはどの部署でも同じこと。それよりも、会社が取り組んでいる様々なビジネスを知ることができる今の部署での経験は、今後のキャリア形成に有意義だと感じています。

やりがいがあった仕事の難しさ・面白さ

業務の効率化と
経費削減を実現させた
社内プロジェクト

入社3年目の時に、法務・リスク管理部における業務の効率化を推進する、情報システム関連の仕事を担当しました。審査する案件数が多いため、処理の手間をどのくらい省けるかを割り出して、一定の条件を満たした案件については一括審査を導入しました。そのほか、審査結果を基幹システムに自動的に読み込ませるアプリケーションの導入プロジェクトも担当。情報システムに関する知識がない中、上司や先輩、システム会社に相談をしながら無事にプロジェクトを完結することができました。導入後は、審査する案件数が大幅に減少し、全社的な業務効率化が実現。社内経費の削減にも直接的に貢献できたので、大きな達成感を感じました。若手のうちに、こういった業務に関われるのは当社ならではないかと思います。

今後挑戦したいこと、双日マシナリーの魅力、学生へのメッセージ

しっかり働き、しっかり休める。
ワークライフバランスは自己成長にもつながっていく

直近の目標は、新規案件の開拓です。営業と一緒に成約にまで取り組む過程がエキサイティングで、成約した時の嬉しさは格別。営業と一緒に現場に行くなどして力を入れていきたいです。そしてゆくゆくは、キャッシュフローの創出につながるような、事業投資に関わっていきたいです。
今の部署でも様々な業務があり、仕事の多彩さも当社の魅力ですが、働きやすさや福利厚生面での充実度も高いと思います。例えば労働時間はログで記録されるため、正確な残業時間を会社と自分も管理・把握できますし、そもそもサービス残業が発生するような環境でもありません。有給休暇取得の促進も行なわれており、ワークライフバランスの取りやすい職場です。自分の時間をもてるからこそ、仕事にも前向きに、全力を尽くせます。自分の可能性を最大限に引き出せるこの会社で、これからも成長していきたいと思います。