社長メッセージ

変化を先取り、機敏に行動

双日マシナリー株式会社 代表取締役社長
佐古 達信

双日マシナリー企業理念

双日マシナリーは、製鉄・化学・電力や自動車・家電・電子機器などの基礎産業分野で使われるプラント・設備機器並びに資機材・部品などの販売を事業目的として、2004年4月に旧ニチメンと旧日商岩井の合併を機に設立された機械専門商社です。

当社は独自のネットワークを国内外16か所に展開し、顧客サービスの一層の拡充に努めるとともに、お客様にご満足いただくためにはどうあるべきかを常に考え、行動し、成長し続けることを目指して参りました。

両社傘下の機械関連専門商社5社を統合して発足した歴史を通じて、当社は多岐に亘る産業分野での幅広い経験と豊富な実績という強みを有していますが、そのビジネス分野はその時々の環境変化を受けてさらに多角化しています。

環境・新エネルギー分野など次世代の成長につながる領域への取り組みや、産業のグローバル化に対応するための企業の海外進出支援やビジネスパートナーの紹介・共同事業化、海外優良メーカーの発掘や提携など、これまで培ってきた経験とノウハウに加え、双日グループのグローバルネットワークを活かし、お客様のニーズを先取りした新たなビジネスモデルの構築への挑戦を通じ、日本に留まらず世界各地で付加価値の高いサービスが提供できるよう努力して参ります。

私たちは、市場や経済の環境の変化に応じて、お客様のニーズを的確に理解し、喜んでいただける最適なビジネスソリューションを提供し続けることが、当社の存在意義だと考えています。

『失敗を恐れない挑戦と革新』、『自律と創意の息づく創造経営』をモットーに、より主体的な役割をもってステイクホルダーの皆様のご期待にそえる会社を目指します。

今後とも倍旧のご指導とご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。